とちコミを通じた
これまでの寄付総額
30,139,246円

2019年5月29日現在



とちコミって?

「とちコミ」は、地域の課題をみんなで解決する「市民の基金&プロジェクト実行チーム」です。みんなで問題を知り、資源(志金・人)を集め、プロジェクトを実行します。県内のNPOや支援団体・ボランティアが共同で運営しています。<詳しく見る>


最新情報

たかはらインターンのかわら版第2弾が完成!

たかはら子ども未来基金の学生によるNPOインターンシップも終盤を迎えています。

かわら版第2弾が完成しました!

 

このかわら版は、「なにかやりたいけどきっかけがほしい学生」に興味を持ってもらうために、活動しているみんなのリアルな情報を届けようということがきっかけでできました。学生ならではの目線で、受入NPOのおもしろいところ、ユニークなところが語られていて、第1弾からボリュームも2倍になってお届けしています。

 

ぜひご一読ください!

 

なお、来年のインターンに参加したい学生5~6月ごろ、受け入れたいNPOのの募集は5月を予定しています。

 


ダウンロード
たかはら日和 1月号はこちらから!
たかはら日和 1月号(2pages).pdf
PDFファイル 10.3 MB

 

【3月14日(土)には、活動報告会も開催します!】

 

<日時> 2020年3月14日(土) 13:00〜16:30 

<場所> 宇都宮大学陽東キャンパス11号館2階ワークショップ2(宇都宮市陽東7丁目1-2)

駐車場:敷地西側にある正門でパスカードを受け取り、北側にあるゲートから入ります。

(関係者のみ駐車可)

<式次第> 13:00~16:30までご参加ください。

13:00 開場、集合

13:15~14:30 花王ハートポケット倶楽部地域助成 贈呈式

14:40~16:30 たかはら子ども未来基金 学生インターン部門 活動報告会

16:30  閉会

 

こちらをクリックすると、申込みフォームが開きます!

 


第2回がんばろう栃木!募金助成が決まりました

10月12日の台風19号、その後の大雨災害による被災地の災害支援のためのご寄付を「がんばろう栃木!募金」として募ってまいりました。

皆様のご支援により、今までに3,785,458円をいただくことができました。誠にありがとうございます。県内だけでなく、県外からの皆様からも温かい応援をいただき、ありがたい気持ちでいっぱいです。

 

この募金で集まったご寄付は、がんばろう栃木!募金助成として、ボランティア支援団体に助成を行うために、大切に使わせていただきます。

 

助成の要項やスケジュールはこちらのページをご覧ください。

 

 

【現時点での助成ご報告】

第1回助成:

①NPO法人トチギ環境未来基地「なすから暮らし復興支援センター運営事業」¥140,000

那須烏山市でなすから暮らし復興支援センターを立ち上げ、ニーズ調査、片付けボランティア、心のケア、コミュニティ再生を行う。

 

第2回助成:

②NPO法人ハイジ「災害から育むお互いさまの心プロジェクト」¥300,000

栃木市内の被害を受けた地域で、子育て世代に向けた冊子を作成し、茶話会などで情報交換の機会をつくる。

③吹上地区各種団体連絡協議会「吹上地区災害ボランティア」¥139,628

栃木市吹上地区で、被災直後から自治会、社会福祉協議会、まちづくり協議会、消防団等が連携し、泥出し、片付けボランティアを行った。

なお助成の募集要項には1団体10~20万円としておりますが、緊急度と必要性の高い内容であるとし、助成金額が変動しています。

 

第3回以降も継続的に申請を募集し、助成を行う予定です。

また詳細が決まり次第、ご報告いたします。