サンタdeラン&ウォーク2019

まであと 68

参 加 者 募 集 中

(2019/10/15現在

とちコミを通じた
これまでの寄付総額
30,139,246円

2019年5月29日現在



とちコミって?

「とちコミ」は、地域の課題をみんなで解決する「市民の基金&プロジェクト実行チーム」です。みんなで問題を知り、資源(志金・人)を集め、プロジェクトを実行します。県内のNPOや支援団体・ボランティアが共同で運営しています。<詳しく見る>


最新情報

がんばろう!栃木 募金が始まりました

 

台風19号で被災された皆様、お見舞いを申し上げます。

 

 

↑↑がんばろう!栃木 募金 はこちらから↑↑

 

台風19号で被災された皆様、お見舞い申し上げます。

 

栃木県内でも、宇都宮市、佐野市、足利市、栃木市、鹿沼市、小山市、那須烏山市など多くのエリアが被害を受けています。(情報収集中)

 

*県内全域でこれから必要と想定されること

(資金)これからの活動支援金を募集中

  ⇒「がんばろう!栃木 募金」がはじまりました

(ヒト)ボランティア不足が予想される。4万人程度必要というデータも

  ⇒災害ボランティア情報は社会福祉協議会のHPへ

(モノ)スマートサプライでマッチングするように準備中

(その他)県内外NPO等との情報交換会の開催とその運営が必要。

     技術が必要なボランティアの調整マッチングなど。

 

とちぎコミュニティ基金では、「がんばろう!栃木 募金」を立ち上げて、これから必要とされる支援活動を行うための支援金を募っています。困ったときは、お互い様です。 一緒に頑張りましょう!

 

なお、活動の様子は、とちぎボランティアネットワークのHPまで!

 


11/22 若者がワクワクする活動をつくる 勉強会開催

 

とちぎコミュニティ基金でも実施している助成金型のNPOインターンシップ。

そのたかはら子ども未来基金でも、現在5人の大学生が4つのNPO団体でインターンとして活躍しています。

 

今回、たかはら子ども未来基金を始めとして、学生と一緒に活動をしている団体同士が集まり意見交換をする場を企画することとなりました。

 

とちコミの職員、大木本も関わっているNPOインターンシップラボとのコラボ企画です。

 

タイトル:若者がワクワクする活動をつくる in 栃木

 

時:11月22日(金)14:00~16:30

場所:宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ(宇都宮市元今泉5-9-7)

対象:栃木県内で活動しているNPOや市民活動団体、大学関係者、地域おこし協力隊など

   県外の参加も大歓迎

定員:30人(先着順、申込みに空きがある場合は当日参加も可)

主催:NPOインターンシップラボ・とちぎコミュニティ基金

後援 とちぎ市市民活動センターくらら / とちぎボランティアNPOセンターぽぽら(予定)

協力 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ

 

事例紹介:高城 芳之さん(アクションポート横浜)

取り組み紹介:

  NPO法人うつのみや百年花火、

  NPO法人足尾に緑を育てる会、

  とちぎ市民活動推進センターくらら、

  フードバンクうつのみや

 

 

メモ: * は入力必須項目です


*NPOインターンシップラボでは、9/16(月)に青山学院大学でシンポジウムを開催しました!

 

当日は67人が集まり、「まちに”小さな主人公”が育つしかけとは?」について、インターンシップを受け入れている団体や参加した学生が議論を重ねました。インターンシップには、色々な仕掛けや工夫が大切だが、地道に学生との関係性を深めることで、化学反応が起こります。

例えば、大学で保育の勉強をしすぎて、保育以外のことに取り組みたくて音楽イベントを行う団体にインターンをした学生。イベント企画をするときに、子どもとの関わり方などの学校での学びを思いがけずに使えることに気づき、学校の学びが地域での活動に活かされたことが嬉しかったそう。受け入れている子育てNPOの方は、学生がいることで、お母さんが一人の人間にぽっと戻ることがある、そういった時間はとても大事。関わる人間としては、とても気を使って大変だけれど楽しいと話されていました。

 

当日の様子はコチラからもご覧いただけます

https://www.facebook.com/npointernlabo/

 

NPOインターンシップラボでは、シンポジウムの他にも各勉強会を開催しています。

(11/22もその一つです)


続きを読む