子どもSUNSUNプロジェクト
子どもSUNSUNプロジェクト
とちコミを通じた
これまでの寄付総額
20,144,259円
2018年4月1日現在


とちコミって?

「とちコミ」は、地域の課題をみんなで解決する「市民の基金&プロジェクト実行チーム」です。みんなで問題を知り、資源(志金・人)を集め、プロジェクトを実行します。県内のNPOや支援団体・ボランティアが共同で運営しています。<詳しく見る>


最新情報

今年もサンタdeラン&ウォークが開催決定!

今年も12月22日(土)11:00~15:00にオリオンスクエアで、サンタdeラン&ウォークを開催することが決定しました!

 

昨年も、子どもの貧困を撃退、日本にも貧困があることを周知すること300人ほどがサンタになり、4,044,939円の寄付が集まりました。

オリオン通りや大通りをパレードして、市民の方に呼びかけたり、ランを通して目立ちながら広めていきました。2回目参加した方からも「ぜひ今年もやろう!」という声をいただいたり、実行委員団体のスタッフからも「今年はより多くの方に周知できるように準備を夏から始めよう!」と盛り上がっています。

 

サンタdeラン&ウォーク実行委員会では、当日までの準備から多くの力を必要としています。

 

参加方法① 当日にサンタクロースになる、寄付でつもりサンタになって参加する

参加方法② 事前の街頭募金やイベント、ポスター貼りなどのボランティアで参加する

参加方法③ 実行委員会に参加して一緒に企画運営する

参加方法④ ステージ出演やテント出店で、当日のイベントを盛り上げる

 

前回7月26日に行われた実行委員会では、

寄付先となっている団体のスタッフやボランティアなど10人が集まりました。

(呼びかけ)イベントに協力してくださる方、支援してくださる方を増やすために声かけをする

(後援のお願い)各社、行政に後援の依頼をし、広く呼びかける

(準備の分担)実行委員の中での分担を行いました

 

次回の実行委員会は8月30日(木)19:00〜@とちぎボランティアネットワーク事務所

で行います。

当日までの運営に協力してくださる方も募集しています!

 

 

8/11 定期円卓会議(現場の人・やる人・支援者)参加者募集

子どもSUNSUNプロジェクト宇都宮(サンサンPJ)は、年に4回定期円卓会議をやります。第1回は8/11(土)、3か月ごとの第2土曜日の午前9:30から(8/11、11/10/、2/9)。

 

 目的は、

現場とやりたい人・支援者の出会いをつくる。

困難(不足、できないこと…)をみんなでなんとか対策していく。

 の2つ。まさに円卓会議です。

 座長は、廣瀬隆人さん(元宇都宮大学教授)。社会教育の専門家で、元々は北海道の高校の先生です。現場で見る子どもの貧困にも詳しいです。

 

 8/11の議論の内容は

①現場の課題

 a:9月オープンの清原地区の居場所/もうひとつの家、子ども食堂について(塩澤さん)

 b:すずめこども食堂(中塚さん)

 c:いろどりハウス:学習支援ボランティアの不足について(中野さん)

 d:未定

 その他に、②志金の配分について、③表現についてなどを話します。皆さん課題解決のために知恵と力を出しましょう。

第1回・定期円卓会議

日時:8/11(土)9:30-11:30

場所:宇都宮市中央生涯学習センター

定員:50人、参加無料

申込:電話か下記フォームで

 

※次回(11/10)からは、会場が変更になります。

 藤井産業㈱の会議室(宇都宮市平出工業団地41-3)をお借りして実施します。

ダウンロード
811定期円卓チラシ.pdf
PDFファイル 128.9 KB

メモ: * は入力必須項目です