とちコミを通じた
これまでの寄付総額
30,139,246円

2019年5月29日現在



とちコミって?

「とちコミ」は、地域の課題をみんなで解決する「市民の基金&プロジェクト実行チーム」です。みんなで問題を知り、資源(志金・人)を集め、プロジェクトを実行します。県内のNPOや支援団体・ボランティアが共同で運営しています。<詳しく見る>


最新情報

花王助成金、11/20が申請期限です!お早めに!

13年目となる花王ハートポケット倶楽部(栃木助成)が今年も始まります。

 

申請期間は11月20日までですので、お早めに申請書類を提出下さい。今年は例年に比べると、現時点での申込の数は少なく、チャンスかもしれません!

 

 

 

(申請書のダウンロード)

 

こちらをクリックしてください

 

(花王株式会社のHP)

https://www.kao.com/jp/corporate/sustainability/society/employee-activities/heart-pocket-club/

 

 

なかには、初めて助成金を書くという人もいるかもしれません。

そこで、書くときに意識したほうがいいことをまとめてみました。

 


◎助成書を書くときのコツ

 

①助成金の募集要項をよく読み、条件や対象を確認する

 →花王助成の場合は、法人格は問わず、分野も問いません。

 

②助成金の特徴を知る

 →花王助成の場合、「心温まる活動」、「地域で必要とされる活動」が対象です。

  申請書の中に、みなさんの活動の心温まるストーリーをいれてください。

  また、地域の住民、学校、グループ、NPO団体などと取り組んでいること、

  これから取り組みたいということについて、具体的に書いてみて下さい。

 

③わかりやすい言葉で初めて読む人が分かる内容にする

 →花王助成の場合、第2次審査で社員の方も申請書を読みます。

  略語や専門用語など、初めて読む人やその活動分野に詳しくない人でもわかる言葉で書きましょう。

 

④申請書が書き終わったら最後にもう1回!

 →誤字脱字がないか、問いに対して正しく回答しているか、読み手の立場にたって読み返してみて下さい。

  メンバー内で一緒に読み返すと、書いた本人では気づけないことも出てきます。

  時間に余裕を持って申請書を作成しましょう。

 

それでは、みなさんのご応募をお待ちしています!

 

がんばろう栃木募金、第1回助成申請が始まります

●目的

2019年10月に発生した台風19号による被災地で災害支援、復興支援の活動を行うボランティア団体、NPO、災害ボランティアセンターなどに助成します。ボランティアは10万人必要とされています。みんなで取り組むことで、1日も早い復興のために解決していくことを応援します。

 

 

● 対象となる事業・案件

(1)対象事業

下記の活動などに対して、助成します。

・栃木県内の災害復旧(片付け、ボラセンサポート、炊き出し、足湯など)に取り組む活動

・栃木県内の災害復興(農地支援、居場所支援、お茶会、保育や託児、在宅避難者支援、地域福祉、

 コミュニティ形成、被災者のしごとづくりなど)に取り組む活動

・ボランティアを県内外から集める仕組みをつくり、コーディネートの活動

・物資マッチングや情報発信、ネットワークづくりなどに取り組む活動

 

(2)対象となる経費

・人件費を含む活動に必要な経費

*人件費は助成額の4割を上限とする。なお、営利組織の場合の人件費は対象になりません。

 

● 助成期間

第1回 2019年10月20日~2020年3月31日

*今回は災害発生後からを助成期間とします。すでに実施済みの活動への資金充当も可能です。

● 助成金額・件数

第1回 助成総額 50万円 (1団体10~20万円×最大5団体)

*今後も集まった募金額に応じて、継続して募集を行います。

 

● 報告・成果

指定の様式による報告書をご提出していただきます。また、チラシや成果物などもありましたら、あわせてご提出をお願いします。

 

● 応募について

(1)応募資格:栃木県内で対象事業を行うボランティアグループ、NPO、社会福祉施設、学校、

       住民組織等(非営利、営利、法人格の有無を問わないが、個人での申請は不可)

(2)応募方法:指定の応募申請書に必要事項を記入の上、郵送かメールでお送り下さい。

(3)助成金の使途の書き方について:

    ①項目→ 人件費、旅費交通費、印刷費、消耗品費、謝金

              *営利組織の場合の人件費は対象になりません。

    ②内訳→ 具体的な算出根拠を記入 例:ブルーシート3枚×1,500円=4,500円)

(4)応募締め切り:2019年11月30日(土) *郵便の場合、消印有効

(5)選考方法と選考基準

  ・書類及び必要に応じてヒアリングにより、「がんばろう栃木!募金」選考委員会で決定します。

   (選考基準)

  ・波及効果があり、ほかの地域や後続団体のモデルとなる先駆的な取り組みであるか。

  ・被災地や被災者のニーズを反映して、必要とされる取り組みであるか。

  ・一般の人に開かれ、参加できる取り組みであるか。

  ・助成金の使途が適切であるか。

 

● 選考までの流れ

  ・第1回募集期間・・・11月15日~11月30日

  ・審査、結果通知・・・12月中旬

  ・助成金の振込 ・・・12月下旬~1月上旬

  ・助成期間   ・・・10月20日~2020年3月31日

  ・活動報告の期限・・・2020年4月30日(予定)

  ・活動報告会  ・・・2020年夏ごろ(予定)

 

●提出先:

郵送、またはメールにてお送り下さい。

とちぎコミュニティ基金(認定NPO法人 とちぎボランティアネットワーク内)

■宇都宮市塙田2-5-1共生ビル3F

■TEL.028-622-0021 ■FAX.028-623-6036 ■メールinfo@tochicomi.org

 

 

ダウンロード
こちらから申請用紙を使用ください。
●がんばろう栃木募金 募集要項.docx
Microsoft Word 116.6 KB
ダウンロード
NPO、市民活動団体、地域団体、企業向け、こんなことができるかもアイディア集です。
●できるかも集最新版.pdf
PDFファイル 1.1 MB