とちコミを通じた
これまでの寄付総額
36,990,704円

2020年3月10日現在



とちコミって?

「とちコミ」は、地域の課題をみんなで解決する「市民の基金&プロジェクト実行チーム」です。みんなで問題を知り、資源(志金・人)を集め、プロジェクトを実行します。県内のNPOや支援団体・ボランティアが共同で運営しています。<詳しく見る>

最新の募集情報

【がんばろう栃木!コロナ支え合い基金】


【たかはら子ども未来基金インターン 

 受け入れNPO、学生募集がはじまりました】


【サンタdeラン】


【各助成金】


最新情報

学生NPOインターン 受入団体&学生募集中

たかはら子ども未来基金の【学生インターン部門】では、助成団体とインターン学生を募集しています。

2020年度は、9~12月までの4か月間、1ヶ月3日程度(計12日目安)の活動になります。

 

たかはら子ども未来基金とは、子どもや若者の未来を応援する目的で、県北在住の夫妻が設立した基金です。NPOや市民活動団体に助成し、子どもや若者の可能性を応援する目的の活動に活用します。

 

(団体のメリット)

・学生のインターン生を受け入れることで、活動に新たな視点を持つことができます。

新しい年齢層の参加を増やしたり、未来の担い手を育てたりできるなど、活動を発展させることを期待できます。

・団体の活動内容を、学生またはその友人に深く伝えることができます。

○昨年度参加者の声「インターン生の想いと、団体の想いが重なり合うことでこれまで以上のパワーが生み出せます。ぜひお互いにとっていい出会いがありますように!」

 

(学生のメリット)

・学生は、団体スタッフの視点で関わることで、活動の背景や課題などを深く学ぶことができます。

・他の団体でインターンシップを行う学生と切磋琢磨しながら活動に取り組めます。

 ○昨年度参加者の声「ボランティアでは気づけなかった視点や体験に触れました。なにか始めたい学生は、是非挑戦してみてほしいです」

 

《助成額について》

・助成額:学生に50,000円をお渡しし、団体に 50,000 円をお渡しします。

・助成総額:800,000 円(最大でインターン生8人分と団体8団体分)  

 

《内容》

・学生インターン生は、1 団体につき、1 人または2人までを助成します。

・団体からの推薦者となる学生を優先します。

 

《募集の締め切り》

団体の申込み締切:7月15日(水)

 

学生の申込み締切:8月10日(月)

詳細は、以下のお申し込みページをご覧ください。

 

6/10オンライン インターンの勉強会参加者募集中

大木本が関わっているNPOインターンシップラボでは、まもなく全国のNPOインターンシップの事例集が完成します!

その事例集作成記念の事例発表会を6月10日(水)Zoomオンラインで行います

 

参加申し込みはこちらから  https://www.facebook.com/events/264973447893838/

 Facebookページが見られない場合の参加問合せはTEL:045-662-4395、事務局 NPO法人アクションポート横浜まで!

 

 

とちコミのたかはら子ども未来基金でも、奨励金型のNPOインターンシップを行っていて、そのつながりから一緒に勉強会やシンポジウムの企画などを行っています。去年も11月に「若者がワクワクする活動をつくるin栃木」を共催で行いました。本当はまた同じような企画を栃木県内やほかの地域でも実施する予定もあるのですが、イベント自粛の流れを受けて現在検討中です。

 

とはいえ、「オンラインでもセミナー開催できる!」ということで、今回の企画が実現しました。

 

第1回の事例紹介は、福島県NPOネットワークセンターが行っている「チャレンジインターンシップ事業」です。

このインターンは、行政や企業と連携して2015年から行われています。毎年50人以上の高校生、大学生が、夏休み期間の1週間~10日間インターンを行っています。東日本大震災などを受けて、福島県の復興と創生に若者が貢献することを応援する」という明確な目標があり、多くの学生が参加していることが特徴的です。

詳細は6/10の発表をお楽しみに!

 

オンラインなのでどこからでもネット環境があれば参加できます。

ぜひご参加ください!

 

参加申し込みはこちらから  https://www.facebook.com/events/264973447893838/

 Facebookページが見られない場合の参加問合せはTEL:045-662-4395、事務局 NPO法人アクションポート横浜まで!