「とちコミ」って?

「とちコミ」は、地域の課題をみんなで解決する「市民の基金」です。みんなで問題を知り、みんなで資源(志金・人)を集め、みんなで使います。県内のNPO支援団体が共同で運営しています。「寄付の窓口」と「情報発信」をしています。

>>詳しくみる 

 

最新情報

2018年

2月

13日

サンタdeラン寄付総額 4,044,939円に!

12月23日に実施したサンタdeランの寄付集計が終わり、4,044,939円の寄付が集まりました!

 

1月に入ってからも寄付をくださったり、各団体で集めた寄付を集計したり、と、最終的な数値が出るまでお待たせしました。

 

今年のサンタdeランは、より街の中心部のオリオンスクエアにメイン会場を移し、10月ごろからチラシとポスター、ホームページなどで呼びかけが始まりました。

 

夜はキャンドルを灯し、さらにアピールしようとヘイコーパック株式会社様も協賛いただきました。

寄付付き商品があれば、「呼びかけしやすく、終わった後にも話のきっかけになるのでは?」と、株式会社ル・リオンの皆様にデザインしていただき、NPO法人ひまわり様に制作いただきました。

食べ物や販売、ステージパフォーマンスなどで会場を盛り上げ、参加サンタの皆さんや当日来場してくださった方にも喜んでいただこうと、色々な方々が人脈を駆使して声かけをしてくださいました。

おかげさまで、当日は11店舗のテントと3団体・者の方のステージパフォーマンス、7人のご当地キャラクターで、賑わいました。

当日までの期間もポスター貼りボランティアや街頭募金の呼びかけボランティアの方が協力してくださり、もちろん当日も100人ほどのボランティアの方のおかげで安全なランイベントを実施することができました。

 

昨年に引き続き、ここにあげきれないほどの多くの方にご協力をいただきました。

本当にありがとうございました!

 

2回目ということもあり、多くの方が「今年もやるんだね!応援するよ!」、「初めて参加しますが、子どもたちのために、親子/家族で走ります!」、「会社のチームを結成して走ります!」と参加してくださいました。初めての参加者の方が多く、チームや家族、友人同士の参加も増えたのが印象的でした。

 

《数値のまとめご報告》

 

寄付総額:4,044,939円

(75%が各団体へ、25%が事務局のとちぎコミュニティ基金へ)

・認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク 927,992円

・一般社団法人栃木県若年者支援機構 373,992円

・認定NPO法人だいじょうぶ 578,217円

・認定NPO法人サバイバルネット・ライフ 79,937円

・公益財団法人とちぎYMCA  372,112円

・認定NPO法人うりずん 308,933円

・NPO法人トチギ環境未来基地 314,013円

・認定NPO法人青少年の自立を支える会 月の家 78,510円

・事務局へ(とちぎコミュニティ基金)1,011,235円

 

参加者数:参加者 300人(サンタ 200人、スタッフ100人)

・大人サンタクロース:42人

・大学生サンタクロース:3人

・子どもサンタクロース:28人

・会社でサンタクロース(3~5人):15チーム

・寄付総額 4,044,939円

・寄付件数(参加者と寄付者): 313件

 

当日ボランティア・スタッフ:100人

・テント出展 11店舗(カネダヤパン、Makanaこども食堂、焼きたて屋コパン、フェアドレードショップコブル、ボードゲームGobuGobu、おこげ食堂、ZENZEN&カジルシイチバ&大関香似顔絵魂、小さな雑貨屋 Pola nico、KAKEHASEEDs、ベトナムのフォー!、こどもコーナー)

・ステージパフォーマンス 3団体・者(宇都宮聖ヨハネ協会聖歌隊クワイヤーアイノス、マジックとんび、坂本絵津子)

・その他 キャラクター(とちまる、さのまる、ミヤリー。もおかぴょん、コットベリー、とちふく、やこうくま)、バルーン など    

 

 

1月14日に実施した打ち上げ&新年会では、「もちろん来年もやりましょう!もっと多くの方に知ってもらい、参加してもらおう!」との声が参加者の方からあがり、とても嬉しかったです。

とちぎコミュニティ基金では、これからもサンタdeランのファンがもっと増えて、皆さんの志の寄付が、必要とされている活動へつながる活動を応援していきます。

 

来年の12月のクリスマスもサンタの格好でお会いしましょう!

 

 

サンタdeラン&ウォーク2017 の実施報告書
17子どもの貧困撃退サンタdeラン報告書.pdf
PDFファイル 82.1 KB

2018年

2月

09日

3/3円卓会議・最終報告会&子どもSUNSUNプロジェクト発足会

3/3に子どもの貧困撃退♡円卓会議最終報告会と子どもSUNSUNプロジェクト発足会をやります。

 10/15の中間報告で、宇都宮の子どもの貧困の数は124,555人、市民1人が1042円の寄付で、子どもの貧困がなくなるという推計値がでました。しかし、問題はこれをどうやってあつめるかが課題です。そこで「子どもSUNSUNプロジェクト」を立上げみんなで子どもののためにできること(寄付、ボランティア、仲間になる)を始める作戦を考えてきした。

 3/3(さん・さんの日)はその発表と、仲間づくりの日です。発表後、どんなボランティアをしていきたいか、どうやって行くかの話をグループでやります。みなさんぜひ来てくださいね。

・3/313-16時

・場所●ぽぽら (宇都宮市昭和2丁目2-7)

 

【最終報告 2017】

■目標の設定…子どもの貧困の40%~50%をなくす。資金額一人400円。

■集める方法…資金、ボランティア、物件。

■事業立上げ方法…中学校区に事業セットを作る。3地区から全地区へ。

■次年度(2018)の挑戦…地区円卓会議(地区の子どもの貧困 調査)、仲間づくり・ボランティアづくり、多様な寄付方法の開発(SUNSUN メイト、寄付つき商品、サンタ de ラン&ウォーク)、寄付の営業

 

【子どもSUNSUNプロジェクト発足会】

■:実行委員長Ⅱあいさつ

■:仲間づくりミーティング(何やりたいか決め)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

企てA:地区円卓会議について(塩沢、宮本)

企てB:無料学習支援ボランティアの募集・養成について(中野)

企てC: 子ども食堂ボランティアの養成「仮設子供食堂」について(交渉中)

企てD:フードバンク・ボランティアの養成、困窮者相談支援ボラ養成(徳山)

企てE:資金集めについて(実行委員長)

企てF:その他「場所探し」「調査ボラ」「企業の人たち」「日光・大田原」について

円卓・303最終報告・発足式チラシ.pdf
PDFファイル 995.8 KB

メモ: * は入力必須項目です

メモ: * は入力必須項目です

とちぎコミュニティ基金 運営委員会
〒320-0027 栃木県宇都宮市塙田2-5-10 共生ビル3階

認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク内 

TEL: 028-622-0021  FAX: 028-623-6036

 E-mail:info@tochicomi.org  tvnet1995@ybb.ne.jp  

Facebook

これまでの寄付額

とちコミを通じた寄付額

 

18,155,862円

2018年2月8日現在

 

Loading