私たちについて

 


 

貧困・災害・引きこもり・障害・高齢化・DV・教育問題・環境問題・希薄になる人間関係・・。

身の回りに、様々な問題が増えてきている。

しかし、誰かに頼っても一向に解決しない。


ならば、もう一方的に誰かに頼るのは終わりにしよう。
私たちの地域社会を、自分たちの手で作る。

地域の人が地域のコミュニティを作り、互いに問題を解決し、よりよい町を作っていく。


それが本来の社会の形ではないだろうか。

そして、未来を作る新しい日本の形なのでは?
そう気付いた人が集まって、「とちコミ」が生まれました。

 


 

この子の未来、このままで大丈夫?

既存のセーフティネットは、多くの人を救います。一方で、その網の目から漏れてしまう人は増えつつあります

 

経済活動が停滞する中で、それらの問題は増えることはあれ、減ることはありません。しかし、既存のセーフティネットへはこれ以上期待できません

 

このままでは、不幸な人が増える一方なのでは?

子供たちの未来、一体どうなってしまうの?

 

 

「第2のセーフティネット」としてのNPO。

それに気づいた多くの優れたNPO、つまり「営利を目的としない団体」が、社会問題の解決に向かって活動しています。自分達でできることをやり始めたのです。

 

貧困問題、母子家庭の支援、高齢者支援、引きこもりの支援・・・などなど。それらは、規模が小さいことも多く派手なアピールはされませんが、本当に助けを必要としている人を救う活動や、社会をよくする活動を堅実に行っています。

 

 

 

 

 

「豊かな未来」を作っていくNPO。

セーフティネットだけではありません。子供たちに教育の場を提供したり、地域交流や海外交流、文化の振興といった活動など、「豊かな未来」を作っていく活動も数多く行われています。

 

子供たちが将来、文化的で豊かな生活が送れるように、多くのチャレンジが行われています。

 

 

 

しかし、活動には資金が必要・・・

しかし、その活動には資金や人材等のリソースが必要です。ボランティアと言っても、完全にコストをかけずに活動をすることは不可能なのです。


助けたい人が目の前にいる。変えたい現実がある。やる気もある。それなのに、お金や人が足りないために助けることができない。

 

そんな状況があちこちにあります。

 

 

 

がんばるNPOと支援者をつなぐ「とちコミ」

「とちコミ」は栃木県唯一の「市民ファンド」として、「資金循環・情報循環を活性化する」方法で、県内NPOの活動を活発化させ、「市民の手による新しい市民社会を作る」ことを使命としています。


難しいことはありません。つまり「有益なNPO活動をみんなで支援して、栃木を良くしていこう」ということです。

 

みんなで寄付をして、自分達が本当に必要とする活動を育てる。

誰かに頼ってばかりいるのではなく、自分達でこの社会を大きく変えて行こうという試みです。

「とちコミ」の役割

しかし、寄付を集めるためにはたくさんのハードルがあります。

・寄付したいが、どんな寄付先があるの?

・一体どの団体が有益なことをしているのか分からない。

・その団体は、本当に信頼に値するの?

一方で、NPOにも難しい点があります。

・目の前の課題に手一杯で、情報発信をするヒマもない。

・そもそも、情報発信ってどうやるの?

 

こういった問題を解決し寄付を集め、それを優れたNPOに助成(配分)することが「とちコミ」の役割です。

 

 

「とちコミ」の機能

とちぎコミュニティ基金の機能は大きく2つ。寄付の窓口情報公開です。


1.寄付の窓口

 寄付の窓口」機能には大きく2つの仕掛けがあります。

 

  1. メインファンド(とちぎコミュニティファンド本体助成)
    皆様からの寄付金を合わせて、分野ごとに助成(配分)する仕組みです。助成する団体は原則公募方式とし、審査や選考も原則公開で行います。

  2. 冠(かんむり)ファンド
    特に分野やテーマを指定して応援したい場合、寄付者のお名前や、助成目的を冠した特別枠の基金を作ります(原則は毎年継続の寄付)。助成する団体は原則公募方式で、審査や選考も原則公開で行います。

 

2.情報公開

  1. とちコミ認証の発行
    「とちコミ認証」とは、NPOの情報公開レベルを審査し、一定の水準を満たしていることを保障する認証です。認証されたNPOは「NPOデータバンク」に登録され、誰でも見ることができます。

    「とちコミ」からの助成を受けようとする団体は、「とちコミ認証」の取得が必須条件になります。(花王ハートポケット倶楽部地域助成を除く)

  2. 活動紹介 
    第三者の視点でNPOの活動を取材し、それをウェブサイトやパンフレット、各種イベント等で広く伝えます。面白い活動をしている団体が沢山あることを、多くの人に知ってもらうのが目的です。

 

これらの活動を進めることで、「とちコミ」は「私たちの栃木を、私たちの手で作っていく」という目標を実現していきます。

 

私たちによる、私たちのための市民ファンド「とちぎコミュニティ基金」を応援してください。

▲クレジットカードでの手続き
▲クレジットカードでの手続き

これまでの寄付額

とちコミを通じた寄付額

 

14,662,027円

2017年4月20日現在

 

Loading