サンタdeラン 寄付額2,347,501円集まりました!

このイベントで頂いた参加費、寄付の集計が終わりました。

最終集計により、2,343,507円を集めることができました。

 

 ≪各団体への寄付の金額はこちらです≫

とちぎボランティアネットワーク 411.900円

栃木県若年者支援機構 125,501円

だいじょうぶ 789,528円

サバイバルネットライフ 125,976円

キッズシェルター 74,161円

Makana 19,124円

とちぎYMCA 17,989円

トチギ環境未来基地 196,448円  

とちぎコミュニティ基金(事務局) 586,875円(2月15日時点)

≪サンタランナーからの声も届いています≫

街中の人に「やだー、かわいい~」「がんばれ!」「なんだあれ?」等と十人十色の声援を受けました。恥ずかしさや高揚感を感じながらもこのイベントを知ってほしいという思いが強かったです。子どもの貧困問題について少しでも多くの人に知ってもらい、考える機会を届けられればいいなとサンタクロースに扮した私からの願いです。 とても楽しくピースフルな時間を過ごすことができました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「うちの子だけのクリスマスプレゼントを選んでいる場合じゃないですよね」

寄付の呼びかけをしたら、知り合いのママからいただいた言葉です。こんな発想をしてくれる人がちょっとずつ増えたらいいなと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クリスマスに子どもたちのために「サンタdeラン」。

わかりやすいイベントだと思いました。サンタの格好で走れる非日常な感じと、本当によく声をかけてもらえるので、楽しく、そして子供の貧困の課題をPRできたと思いました。時代を感じたのは、若い人たちが周囲でスマホで写真を撮りまくるんです。SNSとかにあげるんでしょうね。かなり注目を浴びるので、何か工夫してもう少し寄付に結び付けられれば良かったと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参加サンタのみなさんは、当日の参加費を自らファンドレイザーとなって寄付集めをしてくだったみなさんです。栃木県内、県外から本当に多くの方にご協力いただきました。


≪イベントを行うために他にもたくさんの方にご協力をいただきました≫

 

寒いので食べ物で暖まってもらおうと美味しい食べ物を出展してくださった皆様。Makana子ども食堂、こぶしの会、みんなの誰かの仲良しの世界、カネダヤパン店のみなさまにご協力いただき、スープや飲み物、パンやピザなどが並びました。

 

また、街中を走るサンタさんにより目立ってもらおうと、ランナーのたすきを作ってくださった五光株式会社宇都宮店さま。当日は、参加サンタの直筆PRメッセージもいれていきました。参加後は参加者にプレゼント。イベント後も、この思いを忘れずに応援していただきたいと思います。

少し車からだと見えにくいので、「走るサンタと、交差点で誘導するボランティアはもっと街中の人に向けて目立つといい!」というアイディアも挙がりました。

 

とちぎコミュニティ基金のある建物の下と、当日も城址公園にでた巨大募金箱。

こちらはヘイコーパック株式会社さまに作成いただきました。また、「サンタdeラン」の巨大看板もイベントを盛り上げるために大活躍しました!

 

協力して下った個人のボランティアの方も50人以上!

前日までの荷物運びから、当日の誘導、受付、駐車場案内など、寒さにも負けずにご協力いただきました。ボランティアの方がボランティアを集めてくださったり、臨機応変に手が足りないところを手伝っていただいたり、実行委員メンバーの手が届かないところを助けて頂きました。

 

≪そんなわけで、来年も開催決定!≫

来年のクリスマスも子どもを元気にするために、開催を予定しています。

今回はクリスマス当日は忙しい、、という声にもお応えして、12月23日の前日を考えています。来年の夏ごろから企画準備をはじめていきます。

実行委員会に関心のある方は事務局まで! 028-622-0021

▲クレジットカードでの手続き
▲クレジットカードでの手続き

これまでの寄付額

とちコミを通じた寄付額

 

14,662,027円

2017年4月20日現在

 

Loading