最新情報:ブログ

オンライン自然観察会でリフレッシュ。県内自然体験活動の実態調査も。 | コロナ支え合い基金 最新ニュース④サシバの里自然学校

コロナ支え合い基金 寄付先団体の最新ニュース!②

サシバの里自然学校から、最新情報が届いています!

 

最新ニュース

コロナ支え合い基金を活用して、オンラインを活用した自然観察会(ネットで生きもの塾)を行ってきました。オンラインの活用は県内からの参加にとどまらず、都内・関西・東南アジアと距離の壁を超えて里山の魅力をリアルタイムで伝えることができる大きな魅力を感じています。対面での体験活動がメインではありますが、オンラインも織り交ぜながら発信を続けていきます。

 

また、コロナ支え合い基金をきっかけに県内の自然体験活動を行う団体が協力して、栃木県内の自然体験活動を行っている団体向けの活動実態調査を行いました。これをきっかけに自然体験活動団体同士の横のつながりも深まってきています。

 

 

支援呼びかけメッセージ

 在宅で過ごされているご家族やお子さんが多いと思います。運動不足、生活リズムの崩れ、免疫力の低下などが懸念されております。そして何より自然との関わりの機会が減りつつあります。体験のできない方、外出自粛が続く方には「ネットで生きもの塾」を活用してオンラインで自然を体験していただきたいです。サシバの里自然学校では様々なツールを活かした自然体験でみなさんの健康、リフレッシュ、そしてこれからのwithコロナ時代のライフスタイルを考える機会をご提供します。

 

 このコロナ支え合い基金をきっかけに県内の自然体験活動を行う団体が協力して、栃木県内の自然体験活動を行っている団体向けの活動実態調査を行いました。28団体から回答をいただき、各団体が経営的に厳しくなってる現状や体験の低下による環境問題やSDGsの関心低下などへの危惧。一方で各団体とも感染症対策を工夫しながら活動を続けている実態が明らかになりました。

 この緊急事態において自然体験活動は「不要不急」と言われてしまいがちです。しかし、子どもたちの成長にストップはありません。もちろん自然環境も刻一刻と悪化の一途をたどっています。ここで自然体験活動の流れを停滞させないためにもご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

 

 

 

サシバの里自然学校には、2020年4月から現在までで、363,912円のご寄付をいただいています。ご寄付をいただき、ありがとうございます。目標金額は1,250,000円!引き続き応援をよろしくおねがいします。

他の寄付先団体の情報&ご寄付はこちら↓↓↓


アートは心の栄養源。子どもも大人もいきいきと | コロナ支え合い基金 最新ニュース③もうひとつの美術館

コロナ支え合い基金 寄付先団体の最新ニュース!③

もうひとつの美術館から、最新情報が届いています!

 

最新NEWS

 いただきました寄附を使って、展示棟の換気扇を増設することができました。おかげさまでしっかりと換気をしながら、安心してアートを楽しむ時間を堪能いただけています。

毎回満員になるほど人気となっている「もうひとつのくらぶ」では、資金不足で買えていなかった絵の具やハケ、ローラーなどを購入することができました。家や学校ではなかなかできない、好きな画材を好きなように使って、好きなように創作活動ができています。

展覧会を観た後やくらぶ終了後の参加者たちは、刺激を受け、どこか活き活きとした表情をしています。

 

メッセージ

この状況下では、まだまだ展覧会、イベントの中止が多く、アートを楽しみ、触れられる場が少なくなっています。

塞ぎがちになってしまうこんな状況下だからこそ、心の栄養源であるアートを気兼ねなく楽しみ、少しでも心のモヤモヤを吹き飛ばしていただきたいと思います。

感染症対策をしながら、活動を充実させ、アートの場をなくさずつなげていくために、今後もご支援ご協力をお願いいたします。

 

もうひとつの美術館には、2020年4月から現在までで、260,945円のご寄付をいただいています。ご寄付をいただき、ありがとうございます。目標額は1,250,000円!引き続き応援をよろしくおねがいします。

 

他の寄付先団体の情報&ご寄付はこちら↓↓↓


地域のつながりを途絶えさせない。屋外サロンのためのベンチ設置 | コロナ支え合い基金 最新ニュース②えんがお

コロナ支え合い基金 寄付先団体の最新ニュース!②

一般社団法人えんがおから、最新情報が届いています!

 

 

最新NEWS!!

ご支援をいただいて、地域サロンの建物の横に「テラス」を作りました!

 

屋外でも寛げて、短時間でも人と関われる場所となりました。こういった設備関係は意外とお金がかかってしまうので、なかなか整備できませんが、今回のご支援があったお陰で作ることができました。改めまして、心よりお礼申し上げます。

 

支援呼びかけメッセージ

これまで支援してくださった皆様、本当にありがとうございます。

一般社団法人えんがおでは、屋外サロンに向けてテラスを作ったり、消毒液やマスクを購入し、感染対策を徹底しながら地域のつながりの構築、維持に努めてきました。

今後は、さらに近隣を中心に「ベンチ」を増設していきます。これまでもベンチを街中に増やす動きしてきましたが、そういった場所で高齢者を中心に人が交流する姿を見てきました。コロナの長期化を受け、日常的に屋外で人が繋がれる仕組みとして、ベンチの設置をさらに進めてまいります。

 

 

えんがおには、2020年4月から現在までで、359,912円のご寄付をいただいています。ご寄付をいただき、ありがとうございます。目標金額は600,000円!引き続き応援をよろしくおねがいします。

 

他の寄付先団体の情報&ご寄付はこちら↓↓↓


県内フードバンクと連携した食品配布会。「生理の貧困」も。 | コロナ支え合い基金 最新ニュース①フードバンクうつのみや

コロナ支え合い基金 寄付先団体の最新ニュース!①

NPO法人フードバンクうつのみやから、最新情報が届いています!

 

 

 

最新NEWS!

 2020年6月より「きずなセット提供プロジェクト」を開始、2021年5月末日時点で全11回実施して1387件のきずなセットをお届けしました。栃木県内の6フードバンク団体が連携して7か所での同日食品配布会の実施、宅配便を使って北は北海道から南は沖縄までの食品支援企画、民間支援団体・行政と連携して「生活相談機能を有した食品配布会」、「生理の貧困」問題に踏み込んで食品と共に生理用品の無償提供など、幅広い活動をすることができました。コロナ禍の中であるにも関わらず、食品の寄付にご協力くださる企業・個人、活動に関わってくれるメンバーも増えています。2021年も精力的に活動して参ります!

 

支援呼びかけメッセージ

 

 コロナ禍の中、生活に困窮する方は増える一方です。2019年度は841件だった食品提供数が、2020年度では2,450件と約3倍に増加しました。行政の支援施策の対象にならない方を支援できるという民間の支援団体の強みを活かして、様々な手段で多くの困っている方を支援していきます。「困った時はお互い様」。みんなで協力して「助けあいの栃木」をつくりましょう。

◀写真:食品セット「きずなセット」の内容。

 

フードバンクうつのみやには、2020年4月から現在までで、1,337,756円のご寄付をいただいています。ご寄付をいただき、ありがとうございます。目標額は1,560,000円!引き続き応援をよろしくおねがいします。

他の寄付先団体の情報&ご寄付はこちら↓↓↓


NPOインターン 受け入れ団体の応募は6/14まで! インターン生も7/12まで募集中

 学生インターン助成 受け入れ団体の応募締切間近!6/12まで

 この助成は、若者と NPOが共に成長できる仕組みを作ることを目的としています。 学生が一定期間、NPO や市民活動団体にスタッフ見習いとして研修すること(=インターンシップ)の活動を応援します。

 学生には奨励金、団体には助成金をお渡しします。奨学金の事情やアルバイトのために、ボランティア活動ができない学生でも、地域の活動に参加しやすいように、基金が設立されました。

 また、このインターンシップは、日常業務のサポートだけでなく、特に既存の事業の発展や新規の事業の立ち上げを行える団体に助成します。

 

昨年度のインターン生の感想

●自分が子どもたちの前にたって進行することは初めてでした。

班の中にいるボランティアへの配慮など、周りをいつも以上に見なければいけないことが分かりました。(サシバの里自然学校 インターン生)

●ネットワークの輪がどんどん広がっていくところを間近で見ることができ、ボランティア活動の本質を知ることができました。(子ども食堂森のこびと インターン生)

●地域の繋がりだけでなく、家族、兄弟、親戚などとの繋がりが希薄な場合もあったりするので、視野を広くし、支援をすることを学んだ。(えんがお インターン生)

●このインターン活動で、自分の可能性が広がりました。活動内容にあまり制限がなく、団体さんの意向も聞きながら、自分にできることはなにか考えて、挑戦できました。(足尾に緑を育てる会 インターン生)

●子どもと触れ合うきっかけをいただけて、子どもについて理解が深まった。自分が楽しまないと子どもたちも楽しんでくれないと思ったので、笑顔を絶やさないようにした。(キッズシェルター インターン生)

●医療的ケアが必要な子どもとの関わりを経験し、動作や目線から意思を読み取る、丁寧な関わりかけの必要性について学んだ。(うりずん インターン生)

 

応募締め切り

*インターン生を受け入れるNPO・市民活動団体 →6月14日(月)まで

*インターン活動をしてみたい学生 →7月12日(月)まで

 

どちらも応募が届いてきています。まだまだ募集中です!ぜひ、ご応募をおねがいします。