こども・若者コロナウイルス影響相談センターを開設したい。

団体名

一般社団法人栃木県若年者氏支援機構

(宇都宮市昭和2-7-5)

ボランティアしたい方は、団体HPへ https://www.tochigi-yso.org/

 

目標金額

1,250,000円

活動の対象者

こども、子育て中の親、保護者
若年無業者、不安定な雇用形態で働く若者、ひきこもりの若者

 


内容

子育て世帯と、無業、不安定就労者に対するアンケート調査を行いました。

コロナウイルスの影響により、子育て世代は、収入の減少、子どもの預け場所の喪失、ずっと一緒に過ごすことによるストレス、休校による勉強の遅れの心配など様々な困難に直面しています。

無業期間を経てようやく働きはじめた若者も、アルバイト時間が減る、なくなるなど金銭的、精神的な負担が生じています。お金がなくなり、生活がピンチという声もありました。

そうした困難に直面しているこども(子育て中の保護者)・若者たちがメール、Lineで気軽に相談できる、相談センターを開設します。相談内容によって、適切な支援ができるようにネットワークの力でサポートを行いなっていきます。子どもたちには、感染対策も含め訪問型学習支援活動に力をいれます。支援の少ない困窮している若者に向けては、生活を支える応援パック(食料、日用品)のお届けも行います。


支援呼びかけメッセージ

行政の様々な支援メニューも創設されていますが、そうした支援を得る方法が分からない(できない)人もいます。そうした支援も活用できるようにサポートしながら、困難に直面している子育て世帯、孤立しがちな若者たちの支援に取り組んでいきます。ご支援よろしくお願いします。

このプロジェクトへの寄付は必ず下のフォームから申し込みをお願いします。

(注意)

他の団体のページは、他の団体への寄付となるのでご確認下さい

↓↓↓↓↓

 

栃木県若年者支援機構への寄付はこちら

  

3000円、5000円、10,000円、50,000円、100,000円、300,000円から金額を選択できます。

 

 

 

 

  

もしくはこちらから任意の金額を指定してください。


金額指定: