コロナで困窮・孤立した妊産婦・お母さんへ、LINE・通話相談と、食品+訪問支援、居場所でサポート

団体名

そらいろコアラ(NPO法人認証中)

 (小山市東山田23-18)

ボランティア希望は団体HP→ https://npo-sorairokoala.jimdofree.com/

 

目標金額

1,250,000円

活動の対象者

 コロナ禍で、妊娠や出産、育児にまつわる不安や悩みをもつ女性。(特に特定妊婦など、周囲にサポートがない生活困窮や育児が困難と予想される女性。相談⇒県内、支援⇒県南)

 

内容

 コロナの影響が長期化する中、妊娠・出産・育児に不安を抱えている妊産婦さんは急増しています。全国各地の「にんしんSOS」窓口に寄せられる妊娠相談では、特に10代からの相談が急増していると報告されています。

「気軽に相談できる人や場所がない」「使える支援があるのか分からない」「行政の窓口に相談するのはハードルが高い」など様々な理由から、SOSが出せずに孤立し、不安のなか育児をしている方もいます。私たちは、LINEや通話での相談窓口「コアLINE」を通じて、助産師などの専門家が、妊娠や出産、育児にまつわる相談に、無料で応じます。

ご寄付は、訪問支援の実施と、訪問時にお届けする食品・生活用品・育児/妊娠用品等の物品調達、妊産婦さん・お母さんたちの安らぎの場の開催、その他、対応可能件数を増やすための人件費やプラットフォームの整備に使います。

 

・LINEや通話での相談窓口「コアLINE」を開設・運営

 一般の妊婦さんとともに、特定妊婦(生活困窮、ひとり親)など、相談できる人がいない女性の支援をします。助産師や保育士などの専門家が、妊娠や出産、育児にまつわる「困った」に対して、無料で相談に応じます。LINE・メールや電話で相談を受け、情報の提供や、支援を受けられる関係機関との連携を行います。

・必要な物資を届け、訪問相談を実施

 相談を受けた内容や希望に応じて、食事や必要な物資(食料や生活用品、妊娠・育児用品など)を届け、訪問相談を行います。語り・安らぎの場の開催も検討中です。

 

メッセージ

  コロナの影響で、相談する相手もなく不安を抱えている妊産婦さん・お母さんは急増しています。また、栃木県内の児童相談所での児童虐待対応件数(速報値)は、今年1~5月で686件と、昨年の同時期よりも増加しています。虐待防止のために、問題を抱える妊婦さんには継続した支援が必要です。これらの妊産婦さん・お母さんを支えるために、ご支援をお願いします。 

7/29の合同記者会見でのそらいろコアラの鳥飼さんの呼びかけです。

 

ぜひご覧ください!

≪寄付証明の発行について≫

寄付の方法によって、発行の手順が変わります。

 

現金で寄付した場合

 →その場で発行します。

クレジット決済・郵便振替で寄付した場合

 →1~12月の1年間のご寄付をまとめて、翌年1月に寄付証明を発行し、郵送します。

  例)2020年1~12月の間の寄付は、2021年1月に発行する

 

 

確定申告のときに税制控除の対象になります。詳しくはこちら⇒

 

このプロジェクトへの寄付は必ず下のフォームから申し込みをお願いします。

(注意)

他の団体のページは、他の団体への寄付となるのでご確認下さい

↓↓↓↓↓

 

そらいろコアラへの寄付はこちら

  

3000円、5000円、10,000円、50,000円、100,000円、300,000円から金額を選択できます。

 

 

 

 

  

もしくはこちらから任意の金額を指定してください。


金額指定:

 

 

▲そらいろコアラHPへ
▲そらいろコアラHPへ