寄付854,000円、130人位で楽しかった! 寄付ハイク & RfC子どもの貧困撃退ラン。

先週の土曜日(5/9)に」寄付ハイク&RfCをやりました。

寄付額は

・寄付ハイク=493,000円+各団体の事前寄付4万円位(?)

撃退ラン=364,909円(もう少しで365000円)でした。

今年はイベントを2つに分けたので、参加者が増えて、新しい人とお友達になったり、来年もまた会おうね、とか誓い合ってました(ランの方)。でもその分運営のスタッフがたりなくて、一人何役もやり、ランの方はほぼ2人で準備・段取りしていました。もう少し人が多く来たらやばかったね~(笑)と話してました。でもその分お気楽に、まったりと5月の曇天+薄日の栃木を楽しめましたね。

 詳細はあと数日で出ます。乞うご期待(やの)


▼ランの様子。寄付ハイクとかはもう少し待ってね。

子どもの貧困⑦「洗っちゃうと替えがないよ」・・・靴が1足。洗えず履きつぶす子

認定NPO法人だいじょうぶ:前田利一さん


 私たちだいじょうぶは、家で安心して過ごせない(虐待を受けている)子どもたちの居場所「Your Placeひだまり」、「高徳ひだまり」を運営しています。そこに来る子どもたちの背景は様々ですが、ほとんどが貧困家庭に育ちます。

 ジャージが制服になっている学校で、冬に学校指定のジャージを着ずに、タイツや体操着の半ズボンを着て学校に行く小学1年生の女の子がいました。「ジャージはないの?」と聞くと、「ある」との返事、「寒くないの?なんではかないの?」と聞くと黙ってしまっていました。その後、お母さんから話を聞いたりしてわかったことなのですが、「ある」と返事していたジャージはお兄ちゃんが小学校高学年に着ていたもののおさがりで、長すぎてだぶだぶのものでした。下の子の衣類にまでお金が回らなかったんですね。この子はだぶだぶのジャージをはいて行くのが嫌で半ズボンやタイツをはいていたんです。この子には、寄付金から新品のジャージを購入、プレゼントしました。それからは、毎日ジャージをはいて学校に通うようになりました。

 あと、多くの子にみられるのが、靴が一足しか買ってもらえないため、洗えず、汚いまま履きつぶしていくという状況です。ひどい子は靴底がすり減って丸く穴が開いた靴を履き「雨の日に冷たい!」と訴えていました。いつも汚れた靴を履いていて、靴下をまっ黒にしている子も多く、居場所で洗い方を教えようと声をかけた時に「洗っちゃうと替えがない」と子どもに言われハッとしました。当たり前のことですが、2足靴がないと洗って乾かしてとできないですよね。こんなことがあり、昨年のクリスマスには、やはり寄付金から、子どもたち全員を靴屋に連れていき、1足ずつ好きな靴をプレゼントしました。

 このように、皆さんからの支えがあれば、子どもたちを「当たり前の暮らし」に近づけていくことができるのです。一人でも多くの子どもたちの笑顔のため、子どもたちを支える活動に踏み出す、あなたの一歩(寄付)をお待ちしております。


子どもの貧困⑥ ご支援深く感謝します・・・「個人用のもの」がありません。寄付を使わせてもらいます。

 新しい教科書を持ち帰った日、嬉しそうにランドセルをあけて見せてくれました。自分の新品の本を手にするのは、教科書しかない子もいて本当にうれしそうです。自分の名前を書くとき「見ててね」と言って、マジックで真剣に書きました。

 昨年はひらがなだった子も、今年は漢字で書いています。毎日の宿題は一人一人個別にスタッフが関わり、今はみんながきちんとやっています。忘れ物がたくさんあります。エンピツや消しゴム、ノート、ネームペン等はありません。親に伝えても難しい場合は、頂いた寄付でまかなっています。

 寄付は、保護者の理解を得られない場合のその子ども個人に関わるもの、文具や衣類、体操着、部活で必要なもの、遠足や修学旅行で必要なもの、湿布薬など家に持ち帰る薬、さらには、家庭に持ち帰り家族と食べる誕生日ケーキを用意するために使わせて頂きます

 ところで、皮膚炎にかかっていた子どもは、おかげ様で良くなりました。チューブ型の薬を渡していたのですが「毎日夜寝る前に塗ったんだ。妹が間違って食べちゃうと大変だから、ここにしまっておくんだ」とランドセルのチャックのところを見せてくれました。妹2人の面倒をみている優しいお姉ちゃんです。

学生ランナーを寄付で応援!「アベベ・ショーター基金」創設。走る若者に1,000円×30人分応援

発起人・立野サン:118km走った!
発起人・立野サン:118km走った!

こんにちは。NPO法人スペシャルオリンピックス日本・栃木の立野(たての)です。

このたび、学生(大学生・専門学校生まで)のチャレンジを応援する「アベベ・ショーター基金(AS基金)」を作りました。

AS基金はRfCまたは、寄付ハイク・太平山頂往復ランコースに挑戦する学生(先着30人)に対して、1人あたり1000円分の寄付をプレゼントします。

よってRfCは参加費3000円が2000円に、山頂往復ランは2000円の参加費はそのままですが自分以外の人から集める寄付3000円のうち1000円分の寄付の応援になり、2000円集めればいいことになります。


●申込みは事務局までメールか電話ください。(tvnet1995@ybb.ne.jp  028-622-0021)


【名前の由来】アベベ・ビギラは、1964年東京五輪、1968年ローマ五輪のマラソンを連覇した「裸足のアベベ」、フランク・ショーターは、1972年ミュンヘン五輪で金、1976年モントリオール五輪で銀メダルを獲得し、1973年(びわ湖)毎日マラソンでは、沿道の観客の小旗を引きちぎり、途中でコースからいなくなりトイレに行ったにもかかわらず「大会新記録で優勝」してしまった、という肉体的にも精神的に鍛えられた伝説のランナーです。

 え? 知らないって? 私もリアルタイムでは見たことありませんよ!


 この度の「アベベ・ショーター基金」の原資として3万円をご用意させていただきました。これは、ビール&餃子を食って寄付を集める「BGチャリティ」で、とちぎVネット・コアメンバーや「寄付ハイク」参加者から集めました。趣旨に賛同され、ご尽力いただきました皆様へ、この場を借りて、厚く御礼申し上げますm(_ _)m

 2020年は2度目の東京五輪、2022年には栃木県で国民体育大会&全国障害者スポーツ大会が開催されます。日本と栃木のスポーツを、今から皆で盛り上げていきましょう

 もしかしたら、とんでもない逸材がここから飛び出すかも!?学生の皆さんの参加をお待ちしております!


ところで、私(立野)は先日、4月19日(日)に山梨県で開催されたチャレンジ富士五湖118kmに出てました。比較的天候にも恵まれ、14時間23分48秒で無事完走しましたので報告します。


子どもの貧困⑤・この国で、自分の足のサイズを知らない子がいます・・・どの子も栃木県の子です。

認定NPO法人サバイバルネット・ライフ「シリウス」代表 仲村久代


 この国で3度の食事を満足にとれない子どもがいます。給食のない休みの日は3食食べずに過ごします。古くなったパンを食べてお腹をこわすこともあります。

 この国で、自分の足のサイズを知らない子がいます。小さくなった靴に大きくなった足を無理やり入れて履いています。靴を買ってもらえないので、今のサイズがわからないのです。

 この国で、雪の日に羽織るジャンパーのない子がいます。靴下がなくても寒いということもありません。嘆きもせず、グチも言わずにボロボロの衣類を着ています。

 この国で、お母さんが仕事から帰宅する6時まで、たった一人で待つ6歳の子どもいます。夏はクーラーも扇風機もない部屋で、あせもがいっぱいできました。学童保育に行かせるお金がないのです。どの子も、私たちが暮らす栃木県の子どもたちす。

 支援を必要としている子どもたちが、「自分は大切な存在なんだ」「栃木の子どもでよかった」と思えるよう支えてください。皆様のお力が必要です☆


子どもの貧困④ ヒミツはまもるよ・どんなこともいっしょに考えるよ・名前はいわなくてもいいよ・・・「子どもの声を聞き続ける」専用電話

「はい、チャイルドラインです」

「あの・・・どんな話でもいいの?」

一本の電話から、チャイルドラインと子どもたちの、一期一会の関係が始まります。チャイルドラインは、子どものための専用電話。子どもが誰かと話したい、つながりたいと思ったとき、どんな話にも耳を傾ける、そんな活動をしています。

「チャイルドラインとちぎ」は毎日午後4時から9時まで、金曜日は午後11時まで、子どもが無料でかけられる電話です。子どもたちと、ヒミツはまもるよ・どんなこともいっしょに考えるよ・名前はいわなくてもいいよ・電話はいつでも切っていいよ・・・という四つの約束をしています。そして、ボランティアスタッフも名乗りません。

子ども時代は、人間として大きく成長し変わっていく時期です。小学生、中学生、そして大人に近づく18歳頃まで、それぞれの時期に子供たちは、いろいろな体験をし、考え、力をつけていくのです。

思いを受け止め、心に寄り添う理解者がいれば、子どもたちは自分の力で歩いていける、チャイルドラインの活動はその信念の下になりたっています。

 そして、私たちは、自分たちが受け止めた子どもの声から得た気付きを社会に発信し、子どもの育つ環境を整えることも目的としております。

 豊かに見える日本ですが、確実に経済格差は広がり、それが子どもたちの声からもうかがえるまでになりました。子どもにとっての最善の利益とは・・その答えを求め私たちは微力ながら今日も活動しております。どうぞよろしくお願いいたします。

子どもの貧困③ 「貧困の連鎖」が本質。自業自得ではありません。

認定NPO法人 青少年の自立を支える会事務局長 福田雅章


人間関係の貧困(社会的孤立)

 子ども虐待はどんな家庭にも起こり得るとされていますが、とりわけ大きな要因と考えられるのが経済的貧困と人間関係の貧困(社会的孤立)です。社会的孤立とは、親がうまく人と接することができず、職場や親戚、地域からも孤立することであるが、周囲からの支援を求めようとしない傾向があったり、アルコールやギャンブルに依存していたり、精神疾患を抱えていたり、仕事が長続きしない、すぐ暴力をふるうなどの問題があり、周囲が距離をおいてしまうこともあります。


その親世代で〝貧困〟が完結しない。子どもに連鎖

 経済的貧困や社会的孤立はその親世代で完結するのではありません。その連鎖こそが問題の本質です。家庭の基盤が不安定なため、親の病気や失業などがあればあっという間に家庭が崩壊し、子どもがネグレクト状態におかれてしまうこともあります。結果として、子どもの自立に必要な教育を受けさせることができず、子どもが成人しても安定した職業や収入が得にくくなり、貧困の連鎖が起こってしまいます。また、虐待を受けた子どもの多くは成長しても生きづらさを抱えています。彼らが社会生活を営むうえでの困難さは、次なる貧困や虐待を生む要因ともなっています。急速な少子高齢化のなか、社会は次代を担う子ども達の「育ち」に関心が向いてきました。子ども達は超高齢化社会を支える社会の宝として認識されるようになりました。誰一人としてその育ちが阻害されることがあってはならないのです。

 本会が昨年開設した子どもの居場所「月の家」はこうした理念のもと、貧困家庭でネグレクト環境にある子どもに、食事や入浴などより具体的な支援を提供していくものです。そして私たちが大切にしたいのは子どもとの関係性です。子どもの成長のプロセスを見守っていきます。


子どもの貧困② インフラ止められ、病院にもいけない子・・・厳しい現実!

貧困の子どもたちの現実を伝えること。

「この寄付集めの目的は、貧困の中にいる子どもたちの現実を知ってもらうこと。そして、その子どもたちの声を伝えること」

 栃木市の『くらら』で行われた打ち合わせの時のとちコミ・矢野さんの言葉に心を動かされ、年間5万円位の寄付しかない私たちの団体(キッズシェルター)が今回10万円もの目標を立て、子どもたちの現実を知ってもらいたくて、児童相談所や那須塩原市、友人、知人などにスタッフ総出でチラシを持って回っています。14日には西那須野ロータリークラブの例会でチラシを配り、早速寄付を頂きました。はじめてだったので本当に嬉しかったです。


風呂にもずっと入っていなかった

 子どもたちの現実は厳しいものです。昨日から初めて来た子どもとお風呂に入って、子どものそけい部に皮膚炎が広がっていました。インフラが止められお風呂にもずっと入れなかったとの事。下着に隠れるので痛いけどずっと我慢していたとの事。学校でプールに入るまでには直したいとつぶやいていました。

 本当は病院に連れて行きたい。親でない私たちの限界なのかな。女性の薬剤師がいる所に連れて行き、見てもらって薬を購入し本人に持たせた。その小学生の女の子は、ほっとした笑顔を見せてくれた。どうか皮膚炎が治りますように。(NPO法人 キッズシェルター・森田 野百合)

子どもの貧困① 家に食事がない子、お風呂に入れない子。ネグレクト家庭の実情と支援

ランニング会場の風景
ランニング会場の風景

RFC子どもの貧困撃退♥ランまでのあと3週間、ブログで貧困の実態などをお知らせします。各NPOが持ち回りで、2・3日に1回発信予定。

◆ ◆

NPO法人だいじょうぶ・インタビュー(文・やの)

 

家に食事がない子、

お風呂に入れない子…ネグレクト


 私たちの「居場所」が対象としているのは「はざま」で苦しむ子や親(お母さん)です。明らかに暴力をうけている子は児童相談所が保護してくれます。ですが一方で、育児放棄(ネグレクト)のように家に食事がなかったり、お風呂にも入れない子どももいます。保育園に持って行った弁当がカビだらけだったり、何日も髪をとかしてもらっていないので、髪を縛っているゴムに埃が溜まっていたり、夜間子どもだけが放置されている家もあります。きっと親は色々な事情から養育が適切にできなくなっているのでしょう。室内の掃除も滞り、家はごみ屋敷状態です。子どもを健全に養育する環境ではありません。

 

公的機関には限界が。

私たちで家庭機能のサポートの場づくり


 それでも公的機関は強制的に介入ができないのです。基本的に親の承諾がないと保護もできなければ支援にも入れません。家庭訪問して親に会おうとしても拒否される。家に居ないことも多いです(パートのかけもちなどで夜も働いていたりします)。あまりに見かねた学校の先生が衣類を洗濯したりシャンプーしたこともあったようです。どの家が大変かは先生は知っています。でもどうしていいかわからない。私たちはその子たちが学校から直接、ここに来てご飯を食べて、お風呂に入り、宿題をやっていく「居場所」を運営しようと考えたのです。家庭機能のサポートの場所ですね。 

 子育てに行き詰ったお母さんは、愚痴をこぼしたり、ホッとできる居場所を求めています。「子育て支援センター」など公共の場に行ける人はまだ健全。行けない人たちがふらっと立ち寄れる居場所が必要です。NPO法人だいじょうぶはそういう居場所を運営しています。借りた平屋の住宅を1か月かけて自分たちで改装し、3年前に開所しました。

 

過酷な夏休み。「給食がないので一日中食べるものがない」


 ネグレクト家庭の子どもにとって夏休みは過酷です。給食がないので一日中食事がありません。しかし、学校の協力もあり、夏休み前に次々と来てくれるようになったのです。その結果、下校班ができました。下校のときに班を作って「居場所」にやって来るのです。

 ここを運営していて嬉しかったのは子どもたちの声が直接聴けたこと。一度訪れた子どもたちは、居心地の良さからか毎日のように来たいと言います。しかし、いつかは居場所を卒業していかなくてはなりません。そのために、ごみの片付け方法を教えたり、料理を教えたり、少しずつ子どもたちに生きる力を身に付けさせます。毎日来ている子は一日おきに来るように促せたら、と思っています。

 そうこうするうちに今度は親からもSOSが出るようになりました。何度アプローチしても拒否され、電話も出なかった親が会ってくれるようになりました。お陰で家の中に清掃に入れたりしました。金銭管理のできない家もあり、先日は「電気がこなくなった」と連絡がありました。大変だけどSOSが出てくること自体が嬉しいですね。

 この市は人口10万人弱ですが、支援を要する家があるかは把握できていません。いまは50件位。しかしこれは氷山の一角でしょう。学校から相談があるのは不登校と滞納家庭が多く、家庭内の問題はそれほど上がってきません。

 なぜ民間でやり出したかと聞かれますが、家庭内で放置されている過酷な暮らしをする子どもの存在を見て見ぬふりができなかったからです。放っておけばもっと大変になります。思春期まで放置すれば非行を繰り返したり、家庭内暴力に移行することもあります。子どもの怒りが家庭内で治まらずに反社会的行動に出ることもあります。そのような行動の背景にはかならず理由があります。それが明らかな形で目の前にあるのに、放っておけるでしょうか。

 

虐待してしまう親は、

自分自身が子供の頃、尊重されていなかった。


 子ども生んで育てるのは簡単ではありません。虐待してしまう親は、自分自身が生育経験の中で尊重されていません。自己肯定感が持てずに、その怒りを「虐待」という形で子どもにぶつけている行動だとも言えます。自尊感情の低い母親に「あなたは尊い存在ですよ」と伝え続けるトレーニングプログラムもやっています。人は、大切にされて初めて人を大切にすることができるのです。

 「居場所」の利用者からお金は一切取りません。たとえ100円の負担でも、来れなくなる子どもが出てきます。そうであれば、その分を寄付で集めたいと考えています。沢山の方に知ってもらい、一緒に現状を考えていただきたいと思います。

撃退ラン記事のテスト

これは撃退ランのページに表示する記事のテストです。

カテゴリ「撃退ラン」を選択することで表示されます。