Part2寄付先団体のみなさまより『温かいご支援ありがとうございます!』

 

2020年12月のサンタdeクリーン大作戦&eスポーツへご支援いただきありがとうございました。

12の寄付先団体からのお礼メッセージをいただきました。

 

とちぎVネット、子どものみらい応援隊、だいじょうぶ、とちぎYMCA、トチギ環境未来基地、うりずんからのメッセージはPart1のブログはこちら⇒⇒

 

◆フードバンクうつのみや◆

◆メッセージ◆  HPはこちら⇒

2019年11月下旬にとちぎボランティアネットワークの部署からNPO法人フードバンクうつのみやと法人化することになりました。法人化してすぐにサンタdeランの本番に参加することになりました。

 2020年は、新型コロナの影響で様々な活動の規制などがあり船出早々に不安要素が満載の中での活動となりました。とはいえ結果を考えれば、とちぎボランティアネットワークでの活動がベースとしてあるので継続的な事業の信用は十分にあるので、新しい応援も得やすい恵まれた環境の中で活動をすることができています。

 サンタdeランでの寄付のおかげで、非常勤の職員を配置することができて事業の運営ができています。困っている人を助け、困ったら助けてもらうという助け合いの輪を広げていきたいと思っていますのでご協力お願い致します。



◆リスマイリー◆

◆メッセージ◆  HPはこちら⇒

人工呼吸器等が必要な重い障がいをもつ子どもを日中預かり、24時間休みのない厳しい介護を担う家族に、ひと時の休息を提供する活動を行っています。

昨年はコロナの影響を大きく受け、団体として運営を継続できるかどうかの状況でした。

いまだに厳しい状況は変わりませんが、まずは皆さんの温かいお心遣いのお陰で、団体を継続させることが出来ました。本当にありがとうございました。

これからも応援していただけるとありがたいです!



◆青少年の自立を支える会◆

◆メッセージ◆  HPはこちら⇒

青少年の自立を支える会を応援して下さった皆様、ありがとうございました。

皆様からの寄付金は、自立援助ホーム「星の家」・「ママと赤ちゃん家」、ファミリーホーム「はなの家」、子どもの居場所「月の家」での活動のために役立てたいと思っています。

コロナの状況を見ながら、バーベキュー・キャンプ・季節ごとの行事・運動会など、子どもたちと相談をしながら計画していきたいと考えています。

今回の「サンタdeラン」では、応援団である木村信夫さんが「ブタメン&コーヒー」のお店を出して下さいました。寒い日でしたので、お客様から喜んでいただきました。おいしいコーヒーをいただきながら、色々な方とお話をすることができました。ありがとうございました。

青少年の自立を支える会は、平成9年に設立され、20年以上もの間、沢山の方々から支えられています。

そして、「とちぎコミュニティ基金」の「サンタdeラン」の活動に感謝申し上げます。



◆きよはら子ども食堂キャラバン◆

◆メッセージ◆  HPはこちら⇒

2020年のサンタdeランに寄付先団体として初めてエントリーさせていただきました。たくさんの方々からの多大なサポートと、子ども支援のネットワークお仲間入りにとても感謝しております。「きよはら子ども食堂キャラバン」は、清原地区に子ども食堂やみんなが集まれる地域の居場所を作りたい、やりたい人の集まり+応援団ネットワークです。2019年度から月1回のペースで、地域の行事(ポピー祭りや花火大会)や保育園や福祉施設の行事、子どもの居場所などで担い手の方々が「子ども食堂」運営体験をしたり、地域の方々に「子ども食堂」の紹介をしてきました。毎年サンタdeランにも参加をさせていただき、2019年にはベストドレッサー賞!も頂きました。2021年からはサンタdeランはじめ、たくさんのサポーターの方々のお力をお借りしながら、《コロナに負けない!キッチンカー・プロジェクト》でキャラバンの持続展開を予定してます。



◆ちゅんちゅんこども食堂すずめのす◆

*HPより引用

◆メッセージ◆  HPはこちら⇒

サンタdeランにご寄付頂きました皆様、誠にありがとうございました。

私ども「ちゅんちゅんこども食堂すずめのす」は、子どもの健康と成長に資する食事の提供をはじめ、自己肯定感の向上に繋がる季節行事等の体験の獲得、そして貧困の連鎖の要因になっている学力格差の解消を目的とした学習支援に取り組んでおります。

しかしながら、コロナ禍の中において、集まっての食事はもとより、体験活動も大きく制限されました。休業中においては、お弁当の配達を行いましたが、通常営業よりも大幅に費用がかかり、また、営業再開後には食事やイベントを開催するため、3密対策に費用がかさみました。

この様な状況の中、子どもの貧困解消の趣旨にご理解を頂き、サンタdeランを通してご寄付頂きましたことは、当食堂の活動の支えになりましたことはもちろんのこと、同じ想いを共有し応援してくれる人たちがたくさんいるということを改めて認識でき、大変心強く勇気づけられました。

 

子ども達が笑顔で日々を送り大人へと成長しけるよう、そして、その結果、貧困の連鎖を断ち切る一助となりますよう、皆様から頂きましたご浄財を有効に活用させていただきます。この度のご厚情に心より深く感謝申し上げます。誠にありがとうございました。



◆県北子ども食堂連絡協議会◆

*Facebookページより引用

◆メッセージ◆  HPはこちら⇒

今年度、初めて県北からの関わりとしてサンタdeラン実行委員に参加しました。

宇都宮で開催する事業には、県北からは連携することは難しいと捉えがちですが、コロナ禍でも出来る

会議の参加手法としてオンライン会議ができるようになったことは、今後の活動に広がりを感じられる

期待となっています。県北の課題は、困窮者支援団体が連携できていないことでした。ヒト、モノ、コト、情報やノウハウのスキルを共有しながら、チーム県北で子ども達の支援を強化することで、現場の活動は子ども達や各団体の活動により良い状態で支援に繋がり活動に専念できます。いただいた寄付は、子ども達と現場で接するなかで課題となっている活動資金に当てさせていただき、学習支援と温かい食の提供で支援を強化していきます。県北地域の支援の輪を増やし、連携を強化しながら県北地区の貧困撲滅を目指したいと思います。ありがとうございました。



 

2021年のサンタdeランの企画会議も始まっています。

現在は月1回程度で会議予定(オンライン参加もOK)。

次の会議は4月15日(木)19時~(とちぎネット事務所にて⇒宇都宮市塙田2-5-1共生ビル3F)

ただいま、2021年の寄付先団体、実行委員を募集しています。

参加してみたい方は、028-622-0021 にお電話ください!