たかはら子ども未来基金

~子どもや若者の「未来の可能性」を支えるために~

《受入団体の方》

学生インターンシップを受け入れてくださる団体のみなさんは、このページをご確認ください。

 

《インターンシップをしたい学生の方》

学生の申し込みページはここをクリックして、専用ページからご覧ください。

2020年度の学生インターン助成の団体&学生の活動を行っています

たかはら子ども未来基金とは、子どもや若者の未来を応援する目的で、県北在住の夫妻が設立した基金です。現在、家庭の経済的困窮が要因となり、子どもや若者の「未来への可能性」を奪う様々な不利が生じています。境遇や生育環境に関わらず、全ての子どもや若者が等しく人生を拓く機会を得られるように「たかはら子ども未来基金」が創設され、特に栃木県北地域の子どもや若者を支えていくことを目指します。

 


対象となる団体(学生インターン助成)

NPOや市民活動団体の子どもや若者の未来の可能性への応援を目的とした活動に活用します。

 

 対象となる活動分野は以下の通りです。

 

  ① 子どもの食事と居場所を支える活動

  ② 子どもの学習を支える活動

  ③ 子どもの体験を支える活動

  ④ 若者の社会参加や就労、生活を支える活動  

  ⑤ その他、子供や若者の未来をつくる活動を支える団体 

 

(1)助成する団体の条件

・営利を目的とせず、公益的・社会的な活動をすでに1 年以上継続的に行っている栃木県内のNPO・市民活動団体・ボランティア団体(法人格の有無は問わない)

・県南をのぞく、栃木県内全域を対象とし、特に県北の活動団体を優先して助成します。

・対象となる市町:

矢板市、塩谷町、高根沢町、さくら市、大田原市、那須塩原市、那須町、那珂川町、那須烏山市

宇都宮市、上三川町、壬生町、日光市、鹿沼市、芳賀町、市貝町、益子町、茂木町、真岡市

(該当する地域に事務所がある団体か、地域で活動している団体に助成する)

 

(2)選考基準

前出の条件を満たす団体の中から、以下の選考基準で選考いたします。

 

1. 子どもや若者の未来の可能性を本気で応援したい団体

2.  地域で必要とされ、一般の人に開かれて参加できる活動であること

3. 助成を受けることで、活動の基盤を強化できる団体であること

4..学生のインターンシップを受け入れる体制が整っている団体であること

5. インターンシップの学生と一緒に、既存の事業の発展や新規の事業の立ち上げを行える団体であること


 

学生インターン部門の内容

 

〈学生のみなさんへ〉 2020年の募集を受付を行います。今年は4ヶ月間の活動です。

・学生のインターンシップ受け入れを希望する団体と、NPO活動に関心の高い学生をマッチングします。

・学生には9~12月までの4か月間、1ヶ月3日程度、団体の必要な業務、活動を行っていただきます。

 

・(団体にとって)

  学生のインターン生を受け入れることで、活動に新たな視点が持てるほか、新しい年齢層の参加を増やしたり、未来の担い手を育てたりできるなど、活動を発展させることを期待できます。

・(学生にとって)

  市民活動に参加できる機会が少ない学生に、スタッフの視点で関わることで、活動の背景や課題などを深く学ぶことができます。

・(メリット)

  他の団体でインターンシップを行う学生と切磋琢磨しながら活動に取り組めます。

  団体の内容を深く学生、またはその友人に伝えることができます。

・(その他)

  団体からの推薦者となる学生を優先します。

 

《助成額について》

・助成額:学生に50,000円をお渡しし、団体に 50,000 円をお渡しします。

・助成総額:800,000 円(最大でインターン生8人分と団体8団体分)  

 

 

《内容》

・学生インターン生は、1 団体につき、1 人または2人までを助成します。

 

*新型コロナウイルスの対策についてのお願い
・新型コロナウイルスの感染防止のために、咳エチケット、消毒、換気、検温などの対策を行い、活動してください。
・インターン期間中に栃木県で緊急事態宣言が出た場合、インターンの実施について全部の団体ととちぎコミュニティ基金で打合せをし、実施の継続について決めることがあります。
・団体内でコロナウイルス感染者が出た場合、学生のインターンシップを一旦中止し、必ずとちぎコミュニティ基金に相談してください。

 

 

 

 →→昨年度までの活動の実績はこちらから

 

半年間のインターンシップの中で、学生同士の交流会をやっていたある日のことです。

「自分たちが活動している内容や、活動している中で感じたことを発信したい。それなら、かわら版を作ろう!」ということで、このたかはら日和ができました。内容から構成まで、ほとんどインターン学生たちで作っています。ぜひご覧ください!

 

2019年に参加した学生がつくった「たかはら日和」

ダウンロード
【NEW】たかはら日和 12月号
インターン生が作成した活動報告のかわら版です。
ぜひご覧ください!
たかはら日和 12月号.pdf
PDFファイル 7.0 MB
ダウンロード
【NEW】たかはら日和 1月号
インターン生が作成した第2弾です。
たかはら日和2号表裏.pdf
PDFファイル 10.3 MB
ダウンロード
【NEW】たかはら日和 3月号
インターン生が作成した第3弾です。
●たかはら日和3号表裏.pdf
PDFファイル 6.1 MB


 

2019年の活動報告書

ダウンロード
NPOインターン報告書2019_たかはら子ども未来基金.pdf
PDFファイル 2.6 MB


 

スケジュール

 

  


 

募集要項・応募用紙

団体の締切 7月15日(水)まで

学生の申込締切 8月10日(月)まで

  

ダウンロード
学生用 インターン募集チラシ
No1学生インターン募集チラシ2020.pdf
PDFファイル 960.6 KB
ダウンロード
2020年度の学生インターン助成の募集要項
●【NPOインターン】たかはら基金募集要項2020.pdf
PDFファイル 427.6 KB
ダウンロード
団体用 応募用紙
●【NPOインターン】応募用紙2020.docx
Microsoft Word 22.2 KB

 

助成部門の内容 (*2年目以降の継続助成のみ)

 

 

活動の立ち上げや立ち上げた後の初期段階の団体へ、さらなる活動の発展を促します。特に、物資の購入のみだ けではなく、活動の発展につながる申請を優先的に助成を行っています。

 

 《助成額について》

・助成する額

(2 年目の団体) 最大で 1 年目の金額の半額までを継続して助成します

 

 



お問い合わせ・お申し込み

 

とちぎコミュニティ基金(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク内)

 担当:大木本・矢野

 住所 〒320-0027 宇都宮市塙田2-5-10共生ビル1階

 電話028-622-0021 FAX:028-623-6036

 メール info@tochicomi.org